保健師の募集を探すなら「転職サイト」って本当?

看護師の現場を退いて保健師に転職する人や保健師として新たな職場で働く人が職場探しで利用する“転職サイト”は一般情報誌やハローワークで公開されていない「非公開求人」が見つかることで多くの方が転職サイトを使っています。

 

転職サイトで保健師の募集を探す方法は、転職サイトに登録するだけでOKです。登録はほとんどのサイトが無料となっているのでお金は一切かかりません。しかし、様々な保健師の転職サイトがあるのでどのサイトが1番自分に良いのか“転職サイトの選び方”が重要になってきます。

 

保健師の募集を転職サイトで探す前に非公開求人、好条件の求人が豊富に揃っている転職サイトを探しましょう。コツは、転職サイトのコンサルタントと呼ばれるキャリアアドバイザーの人数が多いこと、そしてその人たちが求人先を取材しているのかどうかという点に注目して下さい。これは転職サイトでよりよい条件の求人を探すコツにもなります。転職サイトの口コミをチェックすることも忘れずに。

 

ここで1つ保健師の採用情報が揃っている転職サイトをご紹介しまししょう。“ナースフル”という転職サイトですが、リクルートが管理しているサイトで求人情報の信頼性、情報の質がとても良いと評価は高いです。求人の量だけでなく求人内容も好条件のものが揃っているかどうか質も大切ですね。

 

転職サイトに必ずいる“キャリアアドバイザー”を利用すればより自分に好条件の保健師の求人を探すことができますよ。このキャリアアドバイザーという方たちは看護師経験者や医療関係に詳しい就職スペシャリストのことです。新しい職場の紹介だけでなく、スムーズに転職できるアドバイスや悩み相談なども受けてくれます。保健師の転職に関する情報をたくさん知っている方たちなのでどんどん頼って下さい。キャリアアドバイザーのサポートが転職サイトで好条件の求人を見つけることができる鍵となりますよ。

 

転職サイトで保健師の募集を探すならば、ぜひキャリアアドバイザーを利用して下さい。キャリアアドバイザーは転職のプロですのできっとあなたの力のお役に立てるはずです。あなたの条件に合った良い採用情報を提供してくれますよ。

保健師の募集をハローワークで探すのは危険?

ハローワークで保健師の求人を探すことはとても簡単です。ハローワークに初めて行くという方でも安心して下さい。

 

ハローワークに直接行く場合、まず初めての方は「求職申込書」に記入しなければいけません。この求職申込書にはあなたがどのような職に就きたいのか、希望する労働時間や雇用形態、給与の額など記します。保健師の求人なのでどのような場所で保健師として働きたいのか自分の希望を書いて下さい。保健師は保健所や企業内の保健室、役所、病院や診療所など様々な場所で働くことができます。そして記入したら「ハローワークカード」を発行してもらって下さい。このカードは次回から直接窓口に出すとそのまま受付ができるパスカードのようなものです。発行してもらったら窓口で職員と相談し、希望職場を決めます。ハローワークから紹介状を受け取り、希望先での面接となります。そして面接に受かれば採用。簡単な流れを説明しましたが実に簡単ですよね。

 

保健師の募集はパートや非常勤、正社員といった幅広い雇用形態が揃っています。自分で場所や雇用形態、働く場所をある程度決めて探しに行った方が早く自分の好都合な職を見つけることが出来るでしょう。

 

ハローワークで募集されている保健師は地域密着型の職場が多い傾向にあります。これはハローワーク自体が国が経営し、自治体によって機能されている理由からきているのでしょう。地域の人たちとの繋がりが強い保健師の職場が多くあるのですね。

 

また無料セミナーも開催されており求職者のためのアドバイスも行っています。ハローワークインターネットサービスもあるのでインターネットで気軽るに保健師の求人を探すことができます。

 

しかし、ハローワークで保健師の求人を探すデメリット点もあります。ハローワークの求人はさまざまな求人内容を1つの保健師求人としてまとめてしまうので自分の希望に沿った求人が多少見つかりにくくなってしまう傾向があります。つまり事業主がアピールしたいと思う部分がハローワークはうまく求人者へ情報提供ができていないといった場合があるのですね。

 

メリットもあればデメリットもあるということを頭の隅に置いておいて下さい。

 

ハローワークで保健師の仕事を探す場合は、求人自体豊富に集まっているハローワークなので見つかりますが自分の希望に合った職場が必ず見つかるという保証はありません。好条件の求人が開示されるタイミングが良ければめぐり合えるかもしれませんね。